スポンサーリンク

 

面接の時期

一般的に公務員試験(国家公務員・地方公務員)の面接は7月〜8月に実施する自治体が多いようです。

社会人採用試験(転職試験)は自治体によってかなり差はありますがだいたい10月〜11月が多いようです。

 

服装について

 

基本はスーツ

冬ならジャケットにコートで何も問題ないのですが、この時期だとジャケットを羽織るか、それとも軽装で行くか・・・

しかし世間的にもお堅い市役所だからきっちりした服装じゃないといけない?

という考えがでてきますよね。

たかが服装で不採用になんてなりたくない。

それなら時期的に暑くても我慢してジャケットを着ていくか・・・・

また、社会人採用試験(転職試験)であれば年齢的にもリクルートスーツなんて学生じゃあるまいし着ていくのも・・・。

かと言ってカジュアルすぎるのもどうなのかな・・・。

 

スポンサーリンク

 

試験案内

 

試験案内の記載事項

面接というと二次試験以降になるのが一般的です。

その際に試験案内が届くと思うのですが、そこには

「軽装(クールビズ)履行期間のため、上着及びネクタイの着用は不要です。」

と親切にも書かれていますね。

でもこの文章、信じていいの〜って思っちゃいますよね。

 

内容を信じても大丈夫?

私も試験を受ける前は非常に悩みました。真実を申し上げますと、案内に書いている通りにしていただいて大丈夫です!

公務員試験において、案内に書いていることであれば問題ないでしょう。

私が受験したときも会場ではジャケットを着ている方はチラホラいましたが、ほとんどが案内通りの軽装(クールビズ)で会場に来ていました。

しかし、その逆で案内に服装に関する事が書いていない場合は暑くてもジャケット、ネクタイを着用した方が良いと思います。

試験案内もれっきとした公的文書です。

そこに書いている事は全てが真実になります。

 

スポンサーリンク

 

秋〜冬に面接がある場合は?

 

季節感を大切にする

自治体や他の省庁によっては秋以降に面接を行うところもたくさんあります。

秋、非常に悩みますよね。

ジャケットを羽織らないにしてもネクタイは締めた方が良いのでは?

非常にグレーゾーンです。

これは私の個人的な意見として参考程度にしていただきたいのですが、季節感・清潔感が非常に大事になってくるのではないのかなと思います。

 

清潔感も大切にする

 

お堅い市役所ですが、面接する人も我々と同じ人間です。

秋でも暑いと感じる時は相手も暑いと思っています。

悩む時はその時々の気候や季節を考えて服装は決めていけば良いと思います。

もう1つの清潔感ですが、これも非常に重要です。

落ちたくない一心で服装もきっちりした格好をしてしまったがために汗だくになり、相手に不快感を与えてしまうとそれは本末転倒だと思いますので注意してくださいね。

 

服装の色はどうしたらいい?

基本は白シャツに黒が良いと思われます。

しかし、派手でなければ多少のおしゃれをしてもいいと思います。

あまりにストライプが強調されたり、スーツの色が独特だったりすると服装ばかりに目が行ってしまう可能性があります。

試験会場を見た限りではほとんどの方が黒のスーツでした。

多少、色付きのシャツ(淡い色)を着ている方もいらっしゃいましたがほぼ白シャツでした。

 

結論

  • 試験案内通りの服装で問題ないです!
  • 季節感、清潔感を保つ!
  • 自分らしさを出しても良いけど、控えめに!

 

皆さんの検討を祈ります!