スポンサーリンク

 

世界中で働く公務員のお給料

 

待遇が良いと言われている日本の公務員ですが、他国の公務員と比較してどのくらいの給料を貰っているのでしょうか?

また、それが業務内容に見合った内容なのでしょうか?

 

海外の公務員平均年収額

<アメリカ合衆国:357万円>

  • 日本の民間企業同様に歩合制の導入
  • 上記のため職種により金額の変動が大きい

 

<イギリス:275万円>

  • 職員のほとんどが派遣
  • 物価が高いため、兼業が認められている

 

<フランス:198万円>

  • アメリカと同様

 

<ドイツ:194万円>

  • 憲法により給料の算定がされているため年収は低く設定されている。そのため、事務職員などの代用がきく職種は年収が低くなる傾向にある
  • 上記の逆で危険作業を伴う職種は年収が高く設定されている

 

<カナダ:238万円>

 

<イタリア:217万円>

  • 欧州危機の影響により年収を大幅に下げられている

 

<オーストラリア:360万円>

  • 物価が高いため、年収も高く設定されている

 

<日本:724万円>

  • 民間企業の平均年収に応じて設定
  • 手当が豊富

 

スポンサーリンク

 

公務員の給料は誰が決めている?

出典:http://jice.homemate.co.jp/isc/useful/19108_publi_009/img/19108_publi_009_03.gif

 

公務員の給料がその時々の経済状況等を踏まえた上で正当かどうかを判断して決定している機関が「人事院」になります。

ちなみにこの人事院に在籍している職員も公務員になります。

ということは、公務員が公務員の給料を算定しているということになります。

この件についてはかなり批判を受けているようです。

(そりゃそうだよな・・・)

また、公務員の給料を算定する際に民間企業の給料も参考にして算出しているらしいのですが、この民間企業というのが一部上場企業などの大企業を対象としているそうです。

その結果、日本の公務員の給料が他国に比べて高くなってしまっていると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

最後に

なぜ日本は高いのか

日本の公務員の年収が他国に比べて高い事が分かりましたね。

しかし気をつけていただきたいのが、ここに書いているのはあくまで金額だけです。

実際に公務員の業務も各国で大きく変わってくると思います。

ここで日本の良いところを挙げます。

「インフラ施設の維持管理がなされている。」

道路や水道などのライフラインの整備がしっかりとされています。

 

海外のインフラは?

 

普段当たり前のように使っているからあまり意識しないと思いますが、水を蛇口からそのまま飲める国は数えるくらいしかありません。

また、道路なんかも陥没してるところもほとんどありませんし、ゴミを捨てても必ず清掃をします。

その辺の仕事も全て公務員の業務になります。他の国に比べて、インフラの質は非常に高いものだと私は感じています。

 

業務内容の違い

このように、ただ単に年収だけでみるのではなく、日本の生活基盤等を踏まえながら考えていけば少しずつ公務員の年収の根拠もはっきりしてくるかもしれませんね。