スポンサーリンク

 

辛い胃痛の痛みを和らげるために

 

妊娠した方には身体に多くの変化が現れます。

特に「胃痛」に関しては頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

そもそも「胃痛」ってなぜ発生するのでしょうか。

 

 

初期妊娠での胃痛の症状と原因

 

胃痛が起こる原因

妊娠初期に起こる「胃痛」の主な原因はつわりによるものと言われています。

初期の「胃痛」をきっかけに妊娠と気づく方も多いようです。

妊娠初期の「胃痛」は人によっては症状がまったく変わってきます。

食事が困難になるくらい胃のむかつきや嘔吐を繰り返す方もいれば、「胃痛」を全く感じない人まで様々です。

 

スポンサーリンク

 

<ホルモンバランスの変化>

胃痛の原因は妊娠した事によるホルモンバランスの乱れが原因と言われています。

妊娠することにより、女性ホルモンの分泌が活発になりホルモンバランスが崩れ、胃腸の働きが悪くなるのが要因です。

 

<食道と胃の変化>

女性ホルモンの中に「黄体ホルモン」というものがあります。

このホルモンは筋弛緩の作用があります。

妊娠するとホルモン分泌が活発になるとありましたが、この「黄体ホルモン」の量も、もちろん増えます。

筋弛緩作用があるため、食道と胃の接続部が緩んでしまい、胃散が食道に逆流しやすくなってしまいます。

これらも「胃痛」の原因と言われています。

「黄体ホルモン」いらない!!

と思われるかもしれませんが、このホルモンによって子宮の筋肉が弛み、赤ちゃんの成長を促す作用があるので必要な過程なのです。

 

胃痛の対策

 

お薬と食事

対策としてはお医者さんに薬を処方してもらうという方法があります。

ここではできるだけ薬を使わない方法の中で食事に関することを挙げます。

 

<食事回数>

食事は一度に大量に摂取するのではなく、こまめに取るようにしてください。

一度にたくさんの量を摂取すると、それだけ消化にエネルギーを使います。

すなわち胃の負担が大きくなるということです。

胃の動きが活発になると胃散も大量に分泌されるためい「胃痛」が起こりやすくなってしまいます。

 

胃に優しい食べ物

胃になるべく負担をかけないというのが1つのポイントになってきます。

そこで胃腸に優しい食べ物が

  • ヨーグルト
  • ミルク
  • 牡蠣なんかも良いと言われています。

 

優しくない食べ物

  • 脂肪分多めのもの(肉とか油もの)
  • 刺激物(辛いもの)
  • 柑橘系の果物もあまり良くないかもしれません。

食べる際はよく噛んで食べるようにしてください。

たくさん噛むことによって唾液もたくさん分泌され消化がよくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

胃痛の原因と対策の一部を挙げました。

特に毎日とる食事がかなり大きく影響してきますので一番効果を実感しやすそうですね。

お腹の赤ちゃんのこともそうですが、お母さん自身の体調があっての赤ちゃんですので、ここでの方法を参考に少しでも良い体調管理を行ってくださいね。