スポンサーリンク

 

足元は決まりましたか?

最近、多くの方が挑戦しているボルダリング。

人気のスポーツであり多くのブランドがボルダリングシューズを販売しています。

種類も多く、始めたばかりの人は一体どのシューズを選べばよいのかわからなくなるほどです。

私も始めようと思った頃にお店へ買いに行きましたが、種類が多すぎて何を選べばよいのかわからずに結局何も買わずに帰ってしまいました。

そのため、初心者は選ぶ時のポイントとコツを知っておくと、選びやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

選ぶ時のポイント

出典:https://www.climbing-net.com/general/about-climbing-shose/

 

ソール

初心者がシューズを選ぶ時は、まず足裏にあたるソールの柔らかいものを選ぶようにしましょう。

ソールが硬いと、クライミングの時に丸い人工ホールドにかかりにくくなります。

ソールが柔らかいと、ホールドにフィットした感触を感じやすいので足裏の感覚が養われます。

 

ソールの形

ソールがカギ状に作られているものは、ホールドにつま先を引っ掛けやすいです。

しかし、履き心地があまり良くないので初心者には向いていないため履きこなすことが難しい場合があります。

最初は、ソールがフラットな履き心地の良いものにしておくことで、徐々に慣らすことができます。

小さいホールドに親指側でエッジングする時には、つま先が親指側に大きくターンインしていることでエッジングしやすくなります。

 

初心者には

しかし、大きくターンインしているものは初心者が初めから生かすことは難しいです。

そのため、初めはストレートの形のものが適していると言えるでしょう。

また、親指よりも人差し指や中指の長い人は痛みが出やすいので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

サイズ

また、小さな部分に足の指をひっかけるイメージなので、普段履いている靴よりも1~2サイズ小さいものを選びようにします。

しっかりと足にフィットしていなければ、感覚を感じるのが難しくなります。

小さいサイズの靴を選ぶということは、足の痛みが出たり履くことが嫌になってしまう可能性もあるため、何度も納得のいくまで試着してから選ぶようにします。

 

最後に

ボルダリングシューズの価格は、決して安くないので失敗しないようにしっかりと選びたいものです。

最初は、あまりきつくないサイズのものを選んで、自分の足の形に合ったものを選ぶことから始めましょう。

また初心者 価格は、履きやすいものを選んで平均としては1万円~1万5千円くらいです。

無理をして上級者向けのシューズを選んでしまうと、痛みが出たり使いにくかったりする可能性があるので、自分に合った無理のないものを選ぶようにしましょう。