スポンサーリンク

 

公務員試験合格までの道のり

景気の影響か近年人気の公務員。

この公務員になるためには公務員試験を突破しなくてはなりません。

数ある試験の中でも難関試験の一つとして認識されています。

では一体どれくらい勉強すれば合格出来るのでしょうか?

 

合格勉強時間

一般的には(大手予備校)

大手予備校などでは1000〜1500時間必要であると位置づけられています。

1500…時間。

見ただけで目眩がしてしまいますね。

 

実際はもっと短い!?

しかしこの数字、国家公務員試験(総合職)試験でも合格できるボーダーだと思っています。

公務員と言っても色々あります。地方公務員から国家公務員まで。

その中でも事務職から技術職と様々ある中でのおおよその目安になっていると思います。

 

合格談を聞くと?

世間一般的に言われている地方公務員、いわゆる市役所、県庁に受かるにはどのくらい勉強すればよいのでしょうか?

私の周りの合格者の声を聴く限り700〜800時間必要と感じます。

私の周りにも公務員試験を突破した人がたくさんいますがだいたいトータルでこのくらいの時間を勉強に割いてる方が多いようです。

 

スポンサーリンク

 

一日の勉強時間は?

仮に一年間、勉強すると設定してみる

一年間(12ヶ月)で先ほどの800時間を割ってみると、

800時間÷12ヶ月=66.6666時間になります。

まあ、ざっくり四捨五入して月あたり70時間必要になってきます。

今度は週当たりで計算すると、70時間÷4週=17.5時間。四捨五入して18時間とします。

では一日当たりでは、18時間÷6日(日曜は休みたいですよね)=3時間。

 

一日当たり3時間の勉強が合格ボーダー

この数字だけ見ると、「な〜んだ、簡単じゃん!」って思うかもしれませんが、これはみっちり休憩なしで3時間ということです。

実際に人間が集中を継続できる時間は90分(1.5時間)と言われています。

というと途中で休憩等含むと最低でも一日4時間くらいは必要になってくるのではないかなと思います。

 

理想と現実のギャップ

経験上、一年前から計画的に勉強できる人ってなかなかいないのではないかなーって思います。

私がそうだったのですが、見てると半年前くらいから慌てて勉強を始める方が多いと思います。

そうなってくると一日に必要な勉強時間が先ほどの倍の8時間になってきます。

うーん、一気にハードルが上がりますね(汗)

 

スポンサーリンク

 

いつからやればいいの?

では、先ほど判明した時間を逆算していつから勉強を始めたら良いか?です。

一般的に地方上級試験(政令市役所・県庁)は6月末に試験が行われています。

ここに標準を合わせるとすればその一年前、大学三年生の7月からということになりますね。

先ほどもありましたが、ここでスタートできればベストですが、だいたい一年前から準備出来る人は少ないと思いますので、遅くても大学三年生の12月にはスタートさせておいた方が良いという事が分かりました。

 

最後に

大学三年生の7月から勉強を始めれば一日あたり3時間の勉強でボーダー到達。

しかし、勉強し始めはきっと3時間なんてきっと無理だと思います。

 

最初は短い時間でも良いので勉強する癖をつけることが大事

公務員試験は範囲はかなり広いですが、問題の難易度はそんなに高くはありません。

ですので毎日、継続することが重要な鍵になってくると思います。

参考にしていただいてぜひとも合格してほしいです!