スポンサーリンク

 

サービス業にも活用できる?

サービス業の企業が導入するのは難しいと思われます。

何故なら、早く終わって出かけても外食産業やデパートなどのお店、アミューズメントパークなどのサービス業がプレミアムフライデーで閉まっていたらとどこも行けないという事態になります。

そうなれば、目的としている経済効果は望めなくなってしまいます。

そもそも一般的な休日を掻き入れどきとする様な業界は導入はしないでしょう。

 

公務員なら大丈夫そう?

公務員も様々

ということは、導入はそれ以外の企業と公務員ということになりますが、公務員と言っても警察官や教師、役所の職員、国家公務員など様々です。

 

24時間体制の職種

しかし警察官は24時間、国民の安全を守る為のものなので、3時に一斉に全員いなくなってしまったら犯罪や事故など何かあった時に困ってしまいます。

 

警察官が全員帰宅!?

プレミアムフライデーを利用して、出かける人が増えれば交通量も増えるので事故が増加する可能性があります。

そんな時に、警察官がいなかったらどうすればいいのでしょうか。

更に、3時以降、警察官がいないとなれば、犯罪も増加するかもしれません。

取り締まりがなくなれば当然悪事を働くものが増えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

警察以外にも

上記をふまえると、3時から休むことは許されないでしょう。

教師もまた同じで、生徒は卒業までのカリキュラムがあります。

3時に教師がいなくなれば子供達もその日は早帰りになるけれど、その分どこかの日程で授業が必要となります。

役所の職員は、事務的な部署なら導入しても差し支えないかもしれませんが、窓口の職員は難しいです。

役所は普通土日休みで平日は昼間しかやっていないですし、土日の休みと言っても役所の休みでなかなか行けない人もいます。

そのような人がプレミアムフライデーを使って普段は仕事で行けない役所の手続きをしたいと考えていらかもしれないからです。

 

スポンサーリンク

 

最後に

以上を踏まえて考えると、やはりプレミアムフライデーの導入は、サービス業や一部の公務員には厳しい状況となっています。

導入するとしても、スタッフや職員が1ヶ月ごとに交代制で順番というように導入という形を取らざるを得ないでしょう。

この制度を国民全員が活用できるようにするには、曜日を決めず個々で月に1回3時に退勤できる制度などに変えるというように制度の見直しが必要だと考えられます。