スポンサーリンク

 

プレミアムフライデーって?

プレミアムフライデーは労働時間の長時間化を抑えるための取り組みの一つです。

月末の金曜日は早い時間に退社することで労働時間を抑えることのほかに、労働者が自由に使える時間を創出することで家族と外出したり余暇に使える時間が増え、経済の活性化にも繋がるとして非常に注目されているものです。

 

ロゴができるまで

考案者は誰?

そのイメージを示すロゴが発表され、非常に親しみやすいイメージであるとして浸透し始めていますが、そのデザインの考案者が明確にされていない点が大きな特長です。

 

様々な場所で使えるデザイン

このデザインは複数あり、その内容や掲出を行う場所、及び顧客の層などによって使い分けることが可能となっています。

 

スポンサーリンク

 

このデザインになるまで

政策の目的

出典:http://okangasiawasehakobu.com/post-4014

 

プレミアムフライデーの目的は労働時間の短縮のほかに、新しい経済活性化のための時間の創出という側面があります。

時間が長引いてしまうと経済の活性化の要因となる消費活動を行う時間が短縮され、その分経済活動が停滞することになります。

その為、プレミアムフライデーにより得た余暇を効果的に消費活動に転嫁することができれば、経済の活性化に繋がり、最終的に様々な業種における利益が活性化され、結果として賃金の向上に繋がると考えられている側面もあります。

 

政策の意図がわかるようデザインされている

このようなキャンペーンのロゴにおいてはそのキャンペーンのイメージを端的に示すと同時に、参加する人の意識を啓蒙するためのイメージが必要になります。

その為、プレミアムフライデーにおいてもそのイメージを端的に示すためのデザインが要求されるものです。

その意味では今回のロゴについては笑顔がデザインの原点にあると容易に推測できるもので、また、全体の色調が金色となっていることから金曜日を示すとともに、お金を意味する金色と取られている面もあります。

このデザインはその意味でプレミアムフライデーが目的とする全ての意味を端的に示している物であると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

デザインに込められた思い

第一に労働時間が短縮されることで労働者が笑顔になるという意味が込められています。

又、労働時間が短縮されることで家族サービスや消費活動に費やすことができる時間が増え経済が活性化することから、景気が良くなる事を期待してお金の意味を暗に表現していると考えられます。

このロゴの考案者は非常に優れた感性を持っている人であると考えられます。

又、その反面親しみやすさを表現するために敢えて分かり易い表現を用いていることも非常に好感が持てる物です。

最近はイメージが先行する余り抽象的で意味の理解が難しい物が多い中では非常に良いロゴであると考えられます。