スポンサーリンク

 

ラケットってどんなもの?

バドミントンを始める初心者にとって、ラケット選びはとても重要です。

そもそもバトミントンのラケットは、フレームの全長が680㎜以内で幅が230㎜以内と規定があります。

すなわちこの規格内であれば素材は自由となっています。

グリップの部分は、木製使用で殆どのラケットが合成レザーで巻かれています。

 

 

どんなものを選べばよい?

価格

そして実際にバドミントン用のラケットを購入しますが、価格も1,000円くらいから競技用の2万円以上のものまで種類は豊富となっています。

 

材質

ここで注意しなければならないのが、ホームセンターなどで市販されている1,000円くらいのラケットはアルミ製のため直ぐに壊れやすく、逆に鉄製のものは重さもありスイングが難しく、シャトルを跳ね返すにも効率よく飛ばす事ができません。

殆どの方がここで挫折していまし次のプレイへと繋がりません。

 

値段

また、安価なものを長く使用する事により、肩や手首を痛める恐れもあります。

長く楽しくバドミントンを楽しむなら初心者の方でも5,000円から1万円以内の予算を決めて購入すると良いです。

 

スポンサーリンク

 

グリップの太さ

まずは、グリップの太さですが、主に4~5の数字が記載されており、数字が髙い程グリップが細くなります。

細いグリップは手の小さい方に向いており、操作性が良く持ち替えも楽になります。

逆に太いグリップは手の大きい方に向いており、力が伝わりやすく力強いスマッシュも打てます。

先ほども説明した様にグリップにはテープを巻くので、細めのタイプを選ぶのが良いです。

このテープにも色々な素材がありタオル生地の様なものからポリウレタンまでありますので、一度プレイしてみて自分に合った物を選ぶと良いです。

 

重さ

重さは4段階になっており、女性や年配の方は軽めのものを選び、体力のある若い方は重めのものでも構いません。

重い方が同じスイングスピードでも強いスマッシュが打てます。

 

シャフト

次にシャフトですが、打った時の感触、しなりや柔らかさのイメージと考えると良いです。

しなりが硬いシャフトは、安定感があり力がダイレクトに伝わるためハードヒッターに向いています。

また、打った時にシャトルが離れるのが早いので、スイングスピードがある方が打つと早いスマッシュが打てます。

但し、シャトルが早く離れる分、タイミングの取り方が難しくなります。

柔らかいシャフトは、しなりが大きいので打つ際のホールド感が良く、しなった反動で遠くへ飛ばす事が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

最後に

ラケットにもいろいろあるのでどれを選べばよいかわからなくなりますよね。

最初に選ぶスペックとしてはどれも中間の値を選ぶのが良いかと思います。

重さに関しては軽め~普通ぐらいが良いと思います。

最初はラケットを振るというよりも、ラケットに振られる感覚だと思います。

そのラケットに慣れてきたら少し重めのラケットにするのが良いと思います。